藤堂昌恒先生の婚活塾

『覚悟力』の著者 藤堂昌恒先生の婚活塾

第一回 「セルフイメージ」について

「セルフイメージ(自己像)」とは、「心の中の顔」とも言われ、その正体は、いつの間にか自分が勝手に決めつけている「自分に対する思い込み」です。

人は、「セルフイメージ通りの自分を無意識に演じながら生きている」と言われます。いつも、「セルフイメージ」通りの言葉を使い、態度や行動をとってしまうのです。

その人の「セルフイメージ」は、少しでも話をしてみるとよくわかります。「セルフイメージの高い人」は、「自分に自信を持っている」という感じが伝わってきて魅力的です。

逆に、「自分に自信のない人」は、容姿や学歴、あるいは収入といった他の条件がいくらよくても、肝心の「魅力」がありません。そういう人と結婚しても、幸せな未来が見えてこないのです。

客観的に見ると、とてもいい条件を備えているのに、勝手に自分を否定し、自分から諦めてさっさと降りてしまうのです。

もし、あなたがそういう状態であるなら、一度、ありのままの自分を受け入れてみて、「居直ってみる」ことも必要です。

決して他人になろうとするのではなく、こんな自分だけれども、いや、こんな自分だからこそ「自分らしく生きよう!」と思いを切り替えることが大事です。

「自分らしく生きよう!」と思っている人は、それだけでとても魅力的な人なのです。

それでは、藤堂先生の音声セミナーをお聞きください。
題名は、「あなたのセルフイメージを高めるためには?」です。

 

音声のポイントをお伝えします。

セルフイメージが婚活に及ぼす影響が大きいのはどうしてか?


お見合いなどの初対面の場面で、少し話をしてみると相手が自信を持って生き生きとしているかどうか、雰囲気でわかってしまう。

セルフイメージが高い人 - 楽しく生きている印象がある
セルフイメージが低い人 - 自分に自信がない。断られるのでは
               ないかと心配している。

婚活の場合、「この人と結婚したら未来が楽しくなるか?」などと、その人の持っているセルフイメージがものすごく影響してしまう。

どのようにセルフイメージを高めたらいいか?

・まず、自分がどのようなセルフイメージを持っているかに気づくこと
・セルフイメージは言葉に表れてくる
・【言葉】を変えていく
・否定的な言葉を肯定的な言葉に変えていく

例えば「お見合いをして断られたらどうしよう?」ではなく、「この人と付き合ったらどういう楽しいことが待っているのだろう」と、こんな風に考えると相手に伝わる表情が変わっていき、魅力が変わっていく。

セルフイメージが低い背景になっているものは?

今までに人と比べられてきたが、人それぞれ長所、欠点がある。 だから、一旦人との比較をやめること。自分は自分でいいので、自分らしく生きてみる。自分らしくとは、どのようなことだろうか?と考えてそこに集中してみる。

その上で、少し明るめの服装、眼鏡、言葉を変えたりして、明るい方、前向きな方向を目指す。

・これらの背景には【引き寄せの法則】や【波長同通の法則】が働いている。明るいものは明るいものを引き寄せ、暗いものは暗いものを引き寄せる。つまり、セルフイメージが高いということは、よきものを引き寄せることになる。

・自分の役割を変えてみる
実は、自分は自分で私はこういう人間だと決めつけている
その役割を自分で作って、自分で演じている
自分の演じている像を新しく作り変えてしまう。
未来が豊かで楽しく送っている人のイメージに変えてしまう。
それには、【言葉】【表情】【行動】【態度】を変える

特に、【言葉】を変えるということは、プラスとマイナスほどの差がある最重要なことである。

 

藤堂先生があなたのご質問にお答えします。

藤堂先生にご質問がある方はこちらのメルアドまでお送りください。
info@office-you.org
頂いたご質問の中から、何件か採用させていただきます。

なお、採用させていただいたご質問は、ホームページ上で回答とともに公開させていただきます。すべてのご質問にお答えするのではないことをご了承ください。

 

〈藤堂昌恒(とうどうまさつね)先生プロフィール〉

『覚悟力』の著者 藤堂昌恒先生

http://www.chitoe.com/

1958年 滋賀県生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1986年 社会保険労務士試験合格、行政書士試験合格
1989年 中小企業診断士試験合格

20歳 自転車で日本縦断走破 

大学3回生の夏休みに、北海道稚内宗谷岬から東京日本橋を通って鹿児島県佐多岬まで、約3,000kmを18日間で走破しました。何事にも自信が持てなかった自分が、この体験で生まれ変わりました。

人は、成功体験によってセルフイメージを書き換えることができ、新しいセルフイメージに基づいて新しい人生を創造していくのだ、ということを学びました。

このときの自信は、その後30年以上にわたり、私を支えてくれています。

22歳 専門商社入社

財務経理部(財務担当)・人事部(採用担当)勤務

25歳 原因不明の大病で1ヶ月入院、3ヶ月自宅療養生活

この病気を機に、人生の方向が変えられたようです。このときから、本もよく読むようになり、ほんとうの勉強が始まりました。

学びにおける「積み重ね」は、今もなお続いています。 学びは、人の心空間を無限に広げていくことを実感しています。

その後退職し、浪人生活に。塾講師、家庭教師などのアルバイトをしながら、新しい仕事を探すために試験勉強をしました。(社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士一次試験合格)

27歳 コンサルティング会社入社

コンサルティング会社に入社し、コンサルタントの基礎を勉強しました。1年間の「コンサルタント養成講座」で、みっちりコンサルティングの基本ノウハウをマスターしました。(中小企業診断士二次三次試験合格)

31歳 別のコンサルティング会社に転職(指導部長)

ここでの指導経験がその後の独立につながっています。
経営理念の作成、経営計画書の策定指導 200社以上
企業内研修(目標管理、コミュニケーション改善等)700回以上
その他、話し方研修、毎月の経営者向け勉強会の運営など

37歳 独立(新・経営システム研究所設立)

このときから、「社会生活における法則を探求し、わかりやすく伝える」という私の今世の使命がスタートしました。最初の協力者が助けてくれました。

40歳 『ちとえ藤堂塾』を開講

「がんばる個人を応援する」ことを新たな使命に、現代の「松下村塾」を目指して「ちとえ藤堂塾」をスタートしました。12年間続けています。

開催は120回を超え、受講者も延べ1500人を超えました。
現在も、東京と大阪で開催しています。

46歳 メールマガジン『仕事の課外授業-成果を上げるための法則』配信開始。

毎週金曜日の朝配信しています。マグマグ殿堂入りメールマガジンとして、現在6600名の方が購読されています。
→http://archive.mag2.com/0000115103/index.html

47歳 「パーソナルコンサルタント」として、個別指導を開始。

『人生戦略書』の作成による積極的・主体的人生を呼びかけています。また、2010年からは、「強みの上に自分の人生を築く生き方」を提唱しています。

48歳 『覚悟力』-なぜか結果を出す人の生き方-をPHP研究所から出版。この出版を機に、全国で講演活動をさせていただくようになりました。

 

TEL:045-349-8875

婚活の無料相談

このページの先頭へ