男性のお見合い写真注意点

お見合い写真は5秒で判断されます

プロフィールやパソコンの検索画面で最初に目がいくのはやはり“写真”です。

人間はその相手が生理的に受け付けるタイプかどうかを瞬時に視覚で判断するものです。

家にあったスナップ写真を使ったり、誰かに撮ってもらったりすることが多いのですが、どうしても手抜き感があります。

このような手抜き感は写真を通じて相手に伝わります

街の写真屋さんで撮影される方もいらっしゃいますが、これ以上ない緊張したお顔になってしまう方も多いのです。

ガチガチに緊張した表情の写真は、ハッキリ言って使えません。

なぜなら、その人らしさが微塵も感じられないからです。

ですから、自然にその人らしく綺麗に撮ってくれる写真屋さんを探すことはとても大事なことなのです。

オフィス悠では、写真スタジオアリアを推薦しています。

アリアさんは、「アプローチされる、好感度がよいお見合い写真」「実物と印象が合っている写真」を綺麗に撮ってくれます。

写真撮影だけではなく、正しい姿勢までも指導して下さいます。

何よりもいままで写真が苦手だった方が、アリアさんの魔法にかかると「これが自分なのか」とウットリしてしまいます。新しい自分に出会えます。

 

写真を変えただけで、お見合いのお申し込みが増えることがあります。

お見合い写真の手抜きは絶対NGです。

お見合い写真は、「あなたの営業マン」だということをお忘れなく☆

 

女性はお見合い写真と実物のギャップが許せない

一言で表現するならば、男性のお見合い写真と実際にお会いしたときの印象にギャップがありすぎると、女性の評価はグングン下がっていきます。もちろん、いい方のギャップだったらいいのですが・・・。

そこで、男性のお見合い写真撮影の際注意する点をご覧ください。

腕組み写真はNG

腕組み写真はビジネスの写真です。

お見合い写真は女性が見るものです。ですから女性から支持される写真でなくてはなりません。腕組み写真は、多くの女性からの感想が、偉そう、上から目線に見えるということです。

スタイリストがいる写真スタジオ

スタイリストがその人に合った服装を選んでくれます。
(スタジオには洋服がたくさん用意されています)
そして、日常生活でメガネを着用している人がメガネを外されたりします。

素敵な写真が撮れたとご本人は満足しているかもしれません。

ところが、お見合い時はスタイリストが選んだ服装ではなく、自前の服装で登場するわけです。もし、これが写真とかけ離れていたら、女性はどう思うでしょうか。ここに大きなギャップがあります!!

モデルのようなお見合い写真

バックは明るめの色調を使い、お顔は斜め向きです。とてもハンサムに見えます。

ところが、お見合い時は、もちろん正面のお顔でお会いするわけです。このとき、女性が「えっ!?写真と違う」となると、 お写真の期待感が大きかっただけに、評価が下がってきます。

ポケットに手を突っ込んだ全身写真

これは、カッコつけすぎ。 軽い感じに見られて損をします

写真はホッソリ、実物はどう見ても写真より10kgオーバー

実際、ご本人とお会いしたら、お写真よりお顔が一回りも二回りも 大きかったということがあります。

 

お見合い写真を撮影する際、大事なことは、
・正面から
・自然なポーズで
・自分のスーツで
・明るい感じで
・日常生活で眼鏡着用の人はそのままで

などです。

表情は、笑顔とキリッとした感じと両方撮影するといいでしょう。
写真撮影には、スタジオ写真が断然おススメです!

 

無料レポート「結婚カウンセラーがこっそり語る、あなたが幸せに結婚するためのとっておきの秘訣」

無料レポート「結婚カウンセラーがこっそり語る、あなたが幸せに結婚するためのとっておきの秘訣」をご希望の方は、【お名前】【メールアドレス】をご記入ください。

PDF形式(電子書籍)で、メールアドレスにお送りいたします。
自動返信メールでお送りいたします。

お名前
メールアドレス

※個人情報の取り扱いについては、こちらをご覧ください。

TEL:045-349-8875

婚活の無料相談

このページの先頭へ